目の下脂肪を手術で取り除く方法

女性

目の下のしわやたるみというのは、皮膚が薄い部分であることから、施術方法が限られてきました。ところが、近年のアンチエイジングの需要の高まりとともに、様々な手術方法が開発されたのです。それが、脂肪を手術によって除去する方法です。目の下のたるみやくまというのは、筋肉や骨の衰えから、脂肪が下垂してしまうことが原因であると考えられています。そこで、余分な脂肪を除去することで疲れた印象を明るく溌剌とした印象へと変えることができます。手術方法は、下まぶたを切開し、粘膜の部分から余分な脂肪を取り除きます。その後、縫合せずに手術は終了となります。粘膜は治癒力が高いことから、短時間で傷口が癒えるため、縫合の必要はないのです。

安心安全のヒアルロン酸注射

額のシワ

最も手軽な目元のたるみやしわの改善方法は、ヒアルロン酸注射です。ヒアルロン酸注射はプチ整形の分野であり、安全性が高いだけでなく費用が安いのが特徴です。施術の際には座った状態でまずは麻酔クリームを目の下のたるみが気になる部分や、小じわが目立つ部分に塗ります。調整をしながらヒアルロン酸を少しずつ注入していきます。特に、下まぶたは皮膚が薄いということもあり、少しずつヒアルロン酸を注入していく必要があり、医師の腕の良さが試される部分です。腕の良い医師の場合にはたるみやシワを改善し、ふっくらとしたハリのあるバランスの良い仕上がりになります。そのためにも、ヒアルロン酸の注入に際して微調整がとても重要なのです。

手術が不要なリフトアップ

注射器

目の下のたるみやしわを撮りたいと考えていても、手術は抵抗があるという方には、切らないタイプのリフトアップを推奨します。この施術では高密度焦点式超音波を用いて筋肉に働きかけることで、皮膚の表面にハリを出すことができる画期的な方法です。高密度焦点式超音波では筋肉に熱を与えると、筋肉が引き締められて徐々に皮膚の表面にハリをもたらすことができます。皮膚の表面に効果が現れるまでに2ヶ月程かかりますが、ダウンタイムもなくゆっくりとアンチエイジングをすることができるのです。以前は目の下は皮膚が薄いので施術が難しい部分でしたが、高密度焦点式超音波のマシンが開発されたことで、効果的かつ安全にたるみを改善することができるようになったのです。マシンの改良に伴ってカートリッジの深さを変えることができるようになりました。目の下のたるみであれば、一番浅いカートリッジが最適です。

広告募集中